コーン教始動しまーす!


by mittiko_82
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

忘れたくない2ヶ月

今回の子ども二人の入院。
母親としていろんな感情が湧いたから、忘れないために。。


2016年2月28日。
杏、保育園に通い始めて約半月。
突然の発熱。キャプスへ行って薬をもらう。
お腹に発疹が出たため、突発性発疹だったと思う。
一週間くらい保育園お休み。

3月半ば、保育園復活。
8〜18時預ける。
私もいよいよ産まれそうな身体で自転車で迎えに。
杏はやや咳をする程度。

3月26日の朝、おしるしが来る。
翌日の朝、陣痛が始まったため病院へ。
杏は咳が出るため、おばあちゃんと家で留守番。
3月28日朝7時半、志知誕生。
杏は、咳が出るため、私や志知には会えず・・・、私はそのまま入院へ。
その日の晩、杏が家で初めて歩く。

翌日、杏、40度の高熱。
キャプスもアトラスもお休みで、私の入院する自衛隊病院へ。
私はパジャマ姿で外来へ駆けつけるが、杏はあまり元気がなく私への反応も薄い。
先生からは、保育園に行き始めていろんな菌と戦っている最中だと言われる。
今飲んでる薬(気管支を広げる薬と咳、痰を出やすくする薬)を続ければ良いと診察を受ける。

その後しばらく杏は、咳、痰が続く。
食欲も悪くなく、部屋の中でよく遊び、機嫌はよい。

私と志知の退院後は、別々の部屋で隔離生活。
志知にうつらないように最善の注意。

杏は、断続的に熱を出し、ちょくちょくキャプスへ。
血液検査やレントゲンを撮ってもらうも、そんなに悪くはないとのこと。
同じ薬を飲み続ける。
しかし、痰を吐いたり、夜はひどく咳き込んだり、食欲も減ってきた。

次第に咳が減り、食欲が増えてきて、保育園も復活。
そんな矢先、志知が黄疸で入院。。2泊3日。

杏は完全復活したかと思いきや、3日もして、また40度の発熱。
また咳もひどくなり、今度はみるみるうちに体力が落ち、ぐったり感が増していく。
毎日のようにキャプスへ通う。

4月22日。この日はおばあちゃんに変わり、私がキャプスへ杏を連れていった。
目もトロンとして、食欲もほとんどなかった。
そして先生が「お母さん、これはちょっと入院したほうがよいかもね」と。
カルテのある自衛隊中央病院に連絡をしてくれて、午後外来へ行き、そのまま入院へ。
酸素濃度がかなり低くなっており、肺炎も起こしているとのこと。

杏の付き添いは母に任せて、私は志知のいる家へ戻る。
志知の咳に気付く。
授乳後、むせるように咳き込むこともあった。

4月25日、志知の一ヶ月検診。
そのまま緊急入院となる。
[PR]
by mittiko_82 | 2016-05-01 22:14 | 育児・家事