コーン教始動しまーす!


by mittiko_82
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

働き方改革のイベントに参加して

働き方改革の目的は、
個人としては、「楽しく(グッドコンディションで)生きるため」
組織としては、「イノベーションを創出するため」 
(私の解)

改革の流れは、大きく捉えると、
1,無駄を省いて時間を作り出す
2,できた時間で個人の多様な価値観を育てる
3,広がった価値観や視野によってイノベーションが生まれる
という考え方。

面白かった話は、
●とはいえ、働き方改革の目的は個人によってばらばら。
目的(イノベーションとか、ダイバーとか、幸せとか)と、手段(フリアド、時短、環境など)を構造化して考える必要がある

●イノベーションは「新結合」
メディチ家は、富豪ならではの会合で、常にいろんな職種の人が集まってしゃべっていた
それでルネッサンスが生まれた

●リモワが進むとマネジメントが難しくなるのでは?という論点が出るが、
フィジビリの結果ではこんなことも。
場所はバラバラだけど、コミュニケーションの量は増えた。それはチャットによって。
→チャットツールの活用と、マネージャーの意識改革が課題(そこが解決できれば大丈夫))

*メールだと、返信まで平均4時間かかるところ、チャットだと30分という結果もある

●イノベーション創出が目的であるなら、リモワは自宅で一人でというのはちょっと違う。
もっと外に出て、いろんな人とコニュニケーションが生まれる攻めのリモワにしてくべき

●しかし、イノベーションの創出は、掲げた目的(目標)であって、
因果関係はまだわからない。
イノベーションの創出に対して何が有効なのかは分からない。
私達のプロジェクトでは、イノベーションを阻害しているものがメンタルモデルなのではという仮設のもと、
メンタルモデルの破壊を打ち手としてやろうとしている。

●リクルートの場合、起業家精神と圧倒的当事者意識がベースとしてあることが、
リモワを支えている性善説なところもある。



という中で、、、、、、、
私の考えを少し。

ママになって、育児とか家事とか新しい視野が入ってきたことは確か。
思考も変化してると思う。
ただ一方で、働く時間が限られるようになって、24時間のうち仕事以外の時間は増えたけど、
それがイノベーションにつなげられるかというと、
そこはすごく高度なことのようにも思ったりする。

実際には、17時会社を出て、
駆け足でスーパーによって、
駆け足でお迎えに行き、
保育園の玄関で30分くらいループして(イライラ)、
やっと家に着いたかと思うと「ゼリーゼリー」泣き出して、
しょうがないからヨーグルト食べさせる横で、ちゃっちゃか夕食を作り、
2人に食べさせながら自分は簡単にすませ、
すぐ洗い物とキッチンを片付けて、
洗濯機から乾燥機にかけたものたちを取り出して、
明日の保育園の荷物をつくりながら、お風呂の準備をして、
お風呂を洗って、嫌がる子供らをなんとか言葉の魔術でお風呂に入れ、
自分の洗いはほどほどに、湯船にはつかれず、
すぐに出て、子どもたちに薬を塗って、着替えさせて、、、、、、
喘息の吸入をして、歯磨きして、、、、
子どもたちがダラダラしてる間に、
保育園の洗い物を(泥や食べかすがついてるから)手であらって洗濯機に投げ入れ、
子どもたちを寝かしつける。。。

みたいな、どちらかというと毎日ルーチンワークなわけで、
そこからイノベーションにつながる視点を意識したり、広げたりするのって結構高度だと思う。


無駄を省いて空いた時間に、
イベントに参加したり、本を読んだりとかってインプットを言われると、
ママとしてはそこはなかなかできないから焦るなぁって。

以上。
[PR]
by mittiko_82 | 2017-06-01 10:07 | 会社