コーン教始動しまーす!


by mittiko_82
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:words( 8 )

シャレオガール

只今、修了制作の作り込みで、
広島に帰ってきてます。

造形屋のおじちゃんのアトリエを借りて制作してます。

今回は、センサとかモーターとかシリンダーとかArduinoのとか、
自分ひとりじゃ作りきれない部分が多く、
たくさんの方にご支援い頂きながら、なんとかこうにか頑張ってます。

今月いっぱいはこっちで作業することになりそうです。

イメージ通り完成するのか、
果たして間に合うのか、
不安でつぶされそうです。。



けっどー、
今日夕方、友人から電話があって嬉しい報告!
見事、公認会計士に合格したそうです。
興奮したー。
いろいろ感慨深いー。

その電話をもらったときちょうど近くにいたから、シャレオでちょっとお茶しました。
ローカルハッピーを感じた瞬間でした。


もうひとつのローカルハッピー。
モーちゃんです。
もうおじいちゃんなのかと思うと少し切ないです。
(写真デカッ笑)
c0067748_311778.jpg
c0067748_312760.jpg
c0067748_31364.jpg
c0067748_314554.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2010-11-16 03:05 | words

感情値(かんじょうち)

昨日のゼミで、『かけがえのない存在』について話が出ました。

『かけがえのない存在』
とは、影響力を自分に示してくる存在。
「アイツしかできないな・・・これは」といった。

そこでそれぞれ、
「デザインを介して自分にしかないスタンスはあるか?」と教授の投げかけ。
作品を通して、この人はなんかこういう雰囲気〜みたいなのは、みんなあるけど、
そうではなく、スタンス又はフィールドとして自分の確固たるものはあるか?

例えば、
正義感のデザイン
協調性のデザイン
社会を変えてやるデザイン
感謝のデザイン
など。

私は、
『感情値のかたちのデザイン』
という言葉が出てきました。

対人、又は対モノの感情をいつも考えられる。
私のスタンスはこんな感じかなと思ってます。


これをデザインを介してしっかり言い通せるようになりたいです。
[PR]
by mittiko_82 | 2009-12-10 13:43 | words
ここ数ヶ月、色々頑張ったよねということで、
ご褒美制度を作りました。

『ホテルに泊まる』

この週末、都内のいいホテルに泊まってきました。

ホテルとか、どっか旅行に行ったときくらいしか泊まる考えなかったけど、
それだけじゃないみたいですね。

最近はよく雑誌の特集なんかでも目にするけど、
“日常からちょっと離れて、やすらぎの空間”

ホテル、いいです。
ちょっとしたご褒美におすすめです。
癒されます。
時間がゆっくりになります。


実際・・・
サービス、インテリア、時間、食、ライフスタイル、モード、立地、
そこらへんの小さな雑貨まで、
言ってしまえば全ての集合体だなって。
ホテル業界というものに興味を感じました。

最終形態がホテルっていうのもおもしろい。

c0067748_1514894.jpg
c0067748_1515579.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2009-11-17 01:57 | words

アンニュイ

こないだある人にグサっとくること言われた・・・

「君は、会社とかに入って『常識』って枠を知ったとき、何も出てこなくなる。
今の君は、なんかこうアンニュイな感じの隙間隙間から言葉や発想が出てきてるけど、そういう良さがなくなると思う。」

それを言われたとき、うれしいの2割、なんなんじゃい!っていうのが8割くらいだった。
でも、なんとなく忘れたくないなと思ったので、書き留めときましょーね。

そしてその人はまた、
「君は、今は何のしがらみもなく自由に好きなように作ってるから、
それはやっぱりそっちんがラクだし、楽しいからそれを羨む人がいるんだよ。」
みたいなことを言ってたな。
自由なことがラクだとは思わないけど、私が今楽しそうに見えるならそれでいいやと思った。

さらに、「君は体育会系だから」とか言われた。
ちょっとおもしろい。


2月3月の予定がモリモリしてくる季節です。
さわやかに迎えられるよう頑張ります。
c0067748_010204.jpg

[PR]
by Mittiko_82 | 2008-12-16 00:12 | words

ピュスラ

『ピュスラ』
北欧らへんの言葉で、やろうやろうと思って後回しになっていたことを言うんだって。

週末にピュスラする。
たまってた薪を割ったり、前に取れちゃってたコートのボタンをつけたり、
ブーツを磨いたり、ナイフを研いだり・・・。
するんだって。

美容院でたまたま読んだ雑誌の中に出てきたんだけど、
なんかこの言葉がすごく気に入って。

ブログのタイトルにしちゃうくらい。



今日は特に予定なかったけど、ふらっと東京に行ってこよう。
知り合いが個展やってるらしいので。
それと、下着を買ってこよう。
熊木杏里を聞きながら。。
[PR]
by mittiko_82 | 2007-03-09 05:54 | words

シゴトバ

私が思う「シゴトバのススメ」

一、整理整頓を心がけること
一、清潔な身体を保ち、ちゃんと作業着をきること
一、「有害」への注意 →換気・保護・配慮
一、音楽


私が感じる「シゴトニンのススメ」
一、健康的な生活をすることに限る
  食事・睡眠・風呂・洗濯
一、掃除してくるおばちゃん、ライジングサンに感謝を忘れないこと

こんなこと考えながら最近作業してた。
というのは、上に書いたようなことがちゃんとできてないからだと思う。

けれど、去年と同じ素材を扱ってても、去年ほど肌荒れを起こしてないのは
去年よりは、作業場をきれいにしてるからだと思う。
手袋やマスクもめんどがらずにちゃんとやってるし。

「有害」に敏感になることは当然大切だけど、
「これ有害だよ」「有害だからー」とかばっか言ってるのもね…

それにうちの親がこんなこと言ってた。
「有害物をそんな心配する前に、自分の不規則な生活を心配しなさい」って。

さすが母さん!って思った。
ほんとそうだよね。
[PR]
by mittiko_82 | 2005-09-23 02:34 | words

「私をたどる物語」

最近、熊木杏里にはまってる。ずっと聴いてる。
歌詞を読み返したくなる曲が多くて、楽しい気持ちになる曲ではないけど、私は好き。
この「私をたどる物語」は金八先生の挿入歌にもなっていたそう。
歌詞をのせてみました。


頬をぶたれた 少年がひとり
日暮れの道で 泣いている
父が憎いと 声とがらせて
涙でゆがんだ 空見てる

遠い未来が 不安でならず
呼ばれて 返事しなかった
だけどやっぱり きみが悪いよ
自分を隠しているからさ

さあ鉛筆しっかり 握りしめ
私という字を 書くのです
白いノートの 私にだけは
夢を話してゆくのです

君しか書けない その物語
私という名の物語


髪を切られた 少女がひとり
鏡の前で 泣いている
母が嫌いと 声をつまらせ
自分を悔しく にらんでる

ちがう親から 生まれていたら
ちがう自分に なれたという
だけどやっぱり きみはちがうよ
そしたらきみは いなくなる

さあ鉛筆しっかり 握りしめ
私という字を 書くのです
白いノートの 私とだけは
ずっと仲よく するのです

君がたどってゆく物語
私という名の物語

c0067748_11619100.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2005-09-21 23:13 | words

新しい概念の発掘

先輩が教えてくれた言葉をそのままのせます。

元来、日本人は消費者の気持ちに沿った商品づくりは得意なはず。
消費者の生活のプロセスを観察していれば見えてくるはず。
「スプーンが欲しい」と言われたからといって新しいスプーンを作っていたのでは、
発想は少しも変わらない。重要なのは、本当に欲しいのはスプーンかどうか疑ってみることだ。
オランダ・フィリップス社のデザイン部門には「橋を設計するのではなく、川を渡ることを設計しろ」
という言葉が掲げられているそうです。

私はデザイン行為をする上でこのようなことはいつも考える。
消費者が欲しいというもの、ユーザーがこんなのがいいというものをつくることなら
誰にだってできる。
計算やリサーチからでてくるようなアウトプットは考えたくない。
それは私の仕事ではないと思うから。

そもそもスプーンって何?橋って何だ?
スプーンとは、橋とは、といった独自の新しい概念を見つけたい。
そこに、おもしろさがあると思う。

もっともっと、この世の中にぶっ飛んだ概念をいっぱい作っていきたい!
c0067748_25599.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2005-07-13 02:55 | words