コーン教始動しまーす!


by mittiko_82
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

インカレを終えて、自分はやっぱり、「イベント」の企画・運営が好きだと感じた。

そして、スポーツっていい!!

私は今は芸術の道にいるが、
昔は小学校二年生からバレーボールを始め、
中学・高校ではテニス部で部長を務めた。
また、現在兄がスポーツの道にいるということもあり、
スポーツは自分とは無関係には思えない。
スポーツからくる感動はたまらないものがある。

今回の東西インカレの試合中にも、身震いするくらい感動・興奮するシーンがたくさんあった。

現在、大学三年の夏で、就職や将来のことも常々頭にある。
今回のインカレを通して、将来、イベント企画に携わるのもいいなと思った。

だけど、一方で、芸術家として作家活動をこつこつしながら生きていく生き方にも
魅力を感じる。そう簡単なことではないだろうけど。
c0067748_1294162.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2005-07-22 01:29 | event
東西インカレが終わった。
いままで自分が関わった中で一番大きな組織だった。

私は地域デザイン局というところで動いていた。
中には今年で3年目のインカレ参加という人もいる中で、私は今年初めての参加だったし、
自分の中でも最初から手伝いというスタンスだったのか、生活のメインに置くまでインカレに集中することはできなかった。

これ以外にもいろいろやってたし、学校の課題をおろそかにするころはできなかった。

下の方で動く奴は、苦労や悩み、責任も少ない分、
最後の達成感や、喜びの共有もそこまで大きくない。

そのことを今回すごく感じた。
[PR]
by mittiko_82 | 2005-07-22 01:02 | event

新しい概念の発掘

先輩が教えてくれた言葉をそのままのせます。

元来、日本人は消費者の気持ちに沿った商品づくりは得意なはず。
消費者の生活のプロセスを観察していれば見えてくるはず。
「スプーンが欲しい」と言われたからといって新しいスプーンを作っていたのでは、
発想は少しも変わらない。重要なのは、本当に欲しいのはスプーンかどうか疑ってみることだ。
オランダ・フィリップス社のデザイン部門には「橋を設計するのではなく、川を渡ることを設計しろ」
という言葉が掲げられているそうです。

私はデザイン行為をする上でこのようなことはいつも考える。
消費者が欲しいというもの、ユーザーがこんなのがいいというものをつくることなら
誰にだってできる。
計算やリサーチからでてくるようなアウトプットは考えたくない。
それは私の仕事ではないと思うから。

そもそもスプーンって何?橋って何だ?
スプーンとは、橋とは、といった独自の新しい概念を見つけたい。
そこに、おもしろさがあると思う。

もっともっと、この世の中にぶっ飛んだ概念をいっぱい作っていきたい!
c0067748_25599.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2005-07-13 02:55 | words

打ち上げにもシツラエ

今日木工実習の打ち上げがあった。

木工組み立て室に先生と生徒合わせて10人ちょっと。
調理器具やコンロは芸専のいろんなとこからかき集めて、その場で料理も作った。
メニューはサラダ、サンドイッチ、うどん、そしてお酒。

先生の専門は漆。
料理は全て先生が作った漆のお皿にもった。
箸も先生がつっくたお箸。
うどんの器はとなりの部屋から持ってきた陶芸の作品。

そして、サンドイッチのパンは私たちが授業で作った木の器に盛った。

すごく美しい場だった。しつらえがあった。

日常からこんなしつらえのある食ができたら素敵だなっと思った。

人間として、食べるものとか、住むところくらい自分で作れるようになりたいと思った。

c0067748_1223437.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2005-07-04 22:26 | DAILY
今日、デザイン演習の最終プレゼンが終わって、
一応一段落した。

課題「新日比谷公園」の設計。
なかなか厳しい講評だった。
その中で、今日の講評で一番学んだことは、“コンセプトにしつこく”なること。

今回公園設計を進めていく段階で、コンセプトのところに関しては
あまり先生と討論は重ねず、かたち・デザインに関してのところでほとんどやりとりをしてきた。
そんな進め方から、ランドスケープというのはコンセプトどうこうより、かたちありき
なのかなと思っていた。

だけれど、そうではなかった。
やはりデザインにはコンセプトが大切なんだ。
確かに、今回の私の作品はコンセプトがコンセプトと言えるほど奥行きがあるものにはなってなかった。
もっと、コンセプトにしつこくかたちを考えていけばよっかたのだ。

ただ、環境デザインという領域で、コンセプトを詰めて詰めてそれをかたちにもっていくのはなかなか難しい。
そのあたりはこれから身に付けていくところだと思う。

今回、わりとへこむ結果だったけど、
環境でも、建築でも、もちろんプロダクトでも「コンセプトにしつこく」あっていいのだと分かっただけでも大きな成長だと思う。ってか
c0067748_211936.jpg
思おう。。。
[PR]
by mittiko_82 | 2005-07-02 02:02 | works

デキソ

今日は、デザイン演習の最終の前に、デザイン基礎実習の最終発表もあった。

今学期、デキソ(デザイン基礎実習)のTAをしていた。
自分の持っているものをたくさん後輩に伝授してあげたかった。

けれど、途中で思ったけど、今回TAをしてかなり自分の勉強にもなった。

今回、一年生最初のデザインの授業に参加して
課題解釈から、コンセプト提案、アイデア発想、ユーザー、シチュエーション、ストーリー設定、かたち、構造の考察、そしてパネルでの見せ方、プレゼンテーションの仕方といった「デザイン」の一連の流れを復習することができたと思う。

また、最近はいろんな意味で“慣れ”がでてきて、
ラクとか、合理性とか、デジタルとかを覚えてしまっていた。

だから今回一年生と一緒にやって、がむしゃらさとか、手書き根性とか体力勝負みたいなところを思い出させてもらった気がする。

まあ、振り返るといろいろあったけど、結果的にうちの班はコクヨ賞をもらった!
すごく嬉しかった。
うれし泣きをしている一年生を見てもらい泣きをしてしまった。

c0067748_3491160.jpg

そして、一年生が「とても楽しかった」と言ってくれたのが何より嬉しかった。
[PR]
by mittiko_82 | 2005-07-01 22:27 | works