コーン教始動しまーす!


by mittiko_82
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

もりもりインターン

3週間のインターンが終わった。あっという間だった。

途中は本当にちょっときつかった。慣れない空気の中で、社会とは会社と、仕事、ビジネス、デザイン、アート・・・いろいろ考え混んでしまった。

進路決定をするべき今、深く悩むきっかけをもらえてよかったと思う。

そしてインターンに来た一日目から、私は将来の夢が決まった。というか、確信できた。これが一番の収穫かな。

3週目くらいからだいぶココの空気にも慣れた。ココで働くみなさんの仕事に対する楽しさみたいなものを感じられたからかもしれない。なんかちょっとほっとした。

ココで得たものを活かして自分につなげよう!!
[PR]
by mittiko_82 | 2006-01-28 14:04 | DAILY

ねごと

なんか固い日記が続いたからここで一息。。

あたしって、かなりはっきりと寝言を言うらしい。
昔から兄ちゃんにマネされてたけど、いつもの大げさパターンだと思ってた。
ほんとにそんなはっきり言ってるとは思ってなかった。

けど、今友達と一緒に生活してて並んで寝てるんだけど、
毎朝何言ったかを言われる。

ちなみに昨日の晩は「・・・」。
やっぱここでは言えません。寝言って本心が出るのかなぁ?
全く覚えてないんだよね。
せっかくみた夢なんだから覚えときたいのに。

でも、人前で寝るのが怖くなったな。
c0067748_20133347.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2006-01-24 20:11 | DAILY

仕事スタイル

これまでここの仕事場を肌で感じながらいろんなことを考えてきた。

そのひとつ、人それぞれの仕事スタイル。
ここの会社はほとんどが自由。服装も食事時間も休憩も、帰宅時間も。
だからそれぞれに色が出ていておもしろい。
いつも同じ靴と帽子の人、毎日スカーフを巻いてる人、常にジャケッの人、いつも黒い人。
やっぱりファッションにはその人が出るよね。

また、ここの人たちは本当によく働くなっていう印象。
昨晩もここに泊まった人がほとんどらしい。

でも、そんな中で、ひとりだけ、夜8時に必ず帰る人がいる。
なんか私にとってその人の仕事スタイルがすごくかっこいいなて思えた。

その人は、「うちはほんまに自分の時間を大切にする人やねん。お風呂は最低でも一時間入りたいし、今の8時でもすっごい不満っ。」って言ってた。
まわりを気にしない性格らしく、お昼時間も自分のタイミングでちゃんと取るし、夜8時には仕事を終わらせて一人帰っていく。
だけど、それが全然嫌な感じではなく、むしろ気持ちがいい。
その人の仕事っぷりは、社長もほめほめで、他の人の2分の1の時間で、2倍の仕事量をするという。

10月には結婚を控えていて、3月からは5時半にあがらせてもらうことにしているらしい。

私はその人を見ていてかっこいいなと思うばかり。
ファッションもすごくかわいくて女性らしい。ステキだなと思う。

この人のおかげで、私は自分の将来の仕事スタイルを今までと違う考え方で考えるようになった。
ここにインターンに来て良かったと思うことのひとつ。
いろんな人の仕事スタイルが見れてよかった。
[PR]
by mittiko_82 | 2006-01-20 20:13 | DAILY

仕事とは

インターン9日目。「仕事」「働く」ということについて考えさせられる。
ここの会社の人たちは、月曜から土曜の毎日深夜まで仕事をしている。何時に帰っているのかは分からない。帰らない日も少なくないという。
仕事中はほとんど会話もなく、ご飯も各自という感じでいつ食べているのかも分からない。

私は9日目にしてなかなか耐えられないと感じるようになってきた。
人間、基本的な生活もろくに送れないのはどうなんだろうか。
みんなデザインが好きで、グラフィックが好きでこの会社に入り仕事をしているのだろうが、このような状況でずっと楽しくデザインをしていけるのだろうか。
見る感じ、時間はなさそうで次から次にくる仕事に追われているような印象を受けてしまう。

好きだったデザインが仕事とするうちに嫌になってしまうことはないのだろうか。

やはり仕事となるとそこには厳しさがある。
上司の講評は厳しく、言われることの質も高い。
なかなかかたちにできない自分がいれば、みんなから「いいねぇ」と言われるデザインを次から次に出してくる人もいる。
仕事だから締め切りがあり、限られた時間がある。
それまでに自分が納得し、さらにこれ以上ないというほど完成度の高いのデザインを提出しなければならない。
デザイナーにとって自分の納得のいかないものを見せることほど苦しいものはないだろう。

だけど、「仕事」というのは、「働く」というのはこういうことなのかもしれない。
と、思うと正直働きたくないと思ってしまう。

私のこういうところは頑固というわがままという、辛抱弱さ。
[PR]
by mittiko_82 | 2006-01-19 18:44 | DAILY
「グラフィックもプロダクトも同じだよ。コンセプトを打ち出してそれを平面で表現するか、立体で表現するかの違い。」
分かるようでよく分からない。
同じコンセプトを持って、平面と立体で2つ表現した場合、受け取る側は同じように感じるのか。どのような違いで感じるのか。

グラフィックが好きな人は、世の中のさまざまな平面を見て感動するんだろう。私自身、立体物に比べて、平面物にあまり興味がいかないのは
もともとの嗜好に加えて、平面の勉強をしてないからだと思う。
「芸術は勉強しなければ分からない」と誰かが言うように、グラフィックも勉強しなくては、それから作者の訴えるものを感じ取ることはなかなか難しい。
グラフィックにも読み取る力、感じ取る感性が必要なんだと思う。

プロダクトの場合どうか。プロダクトの場合も、あらゆる作品、商品を知らなければ、そのものがどうなのかは評価できないと感じた。
これはいいとか、これはあんまり・・・とか、当然好みで見てしまうこともあるが、好みを超えて評価できるようになるには、やはり勉強がいるのだろう。

私が芸術を学ぶようになって一番よかったと思うことは、世の中の事柄や、世の中にあふれる様々なモノに対して、いろんな見方、感じ方ができるようになったこと。
だけど、それはまだ感覚的なものでしかなくて、それを言葉で表現したり、感動を相手に伝えられるようにはなっていないのだと気付いた。
「感覚」とか「senthing」という言葉は好きだけれど、それを相手につたえられようになってこそプロと言えるのだろうか。

インターンで感じたのは、自分のコンセプト、デザインに込めた感情が、それを見る者に伝わらなければいけないのだということ。
私はこれまで、自分のコンセプトが必ずしも伝わらなければいけないのだとは思っていなかった。むしろ伝わらなくていいとも思っていた。
だけど、ちょっと勘違いしていたのかもしれない。
それを見て「おぉ!」とか「あっ!」とか、“何か”を感じれば、それは作者からすればデザインに込めた感情が何かしら伝わったということなんだろう。
「これのコンセプトは何?」と聞かなくても、「おぉ。」と何かを感じられればそれはいいデザインなんだと思う。
何も感じてもらえないのは寂しい。丸分かりな感じは好きでなくて、分かってもらえなければそれでいいと思っていたが、何も感じてもらわなくていいというのとは違うのだ。

昨日、私がデザインしたTシャツのグラフィックを見せて「これからは何も感じられない」と言われたのは、私の考えたコンセプト、伝えたいものが上手く表現できていなかったから。
グラフィックのテクニックはなくて当たり前で、グラフィックで表現できないのも言ってみれば当然。
グラフィックで表現しようと思わず、プロダクトだと思って考えていいんじゃないか。
だけど、それがどうもうまくいかない。すきっりしたものが出てこない。

こう考えていけば考えていくほど、グラフィックもプロダクトも使い分けるのが気持ち悪くなってきた。
今日一日考えたけど、結局出てこなかった。余計分からなくなった。
c0067748_2292997.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2006-01-17 22:10 | DAILY

関西弁がうつりそう…

こんな時期に大阪で3週間のインターン。
自分が惚れ込んだデザイン会社とあって、結構期待と希望を持って始めた。

今日二日目で、人にしゃべりかけるのが苦手な私はまだかちんこちん。

でも、仕事の内容は興味深いものばかり。
今は、レースを使ったアイテムの提案をやらせてもらてる。
自分の好きな分野だからアイデア出しも楽しい。

ここで、感じたことをずらずら書いておこう。
・発想に時間はかけられない!仕事が入ったら、すぐ製作の勢い。
・どんな場合にも予算はつきもの。予算でデザインが絞られることも多い。
・グラフィックはどこにでもついてくる。
 今来てるところはグラフィック中心の会社。でも、だからこそグラフィック能力のない私には吸収できるものがいっぱい。
・品は礼儀。
・グラフィックもプロダクトも根本は同じ。表現が平面か、立体か。
・記憶の集積。
 あらゆる商品を覚えてるなぁという印象。ミーティングでも分からない名前が飛び交っててムムム。
・やはり中心は東京のようだ。。。
・関西弁のコミュニケーションはいいですね。テンポが速くてついていけませんが。

まだまだ始まったばかりだけど、頑張ろう!これまで身につけてきたもので。
そして学校のことは忘れよう。
c0067748_1972136.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2006-01-11 19:07 | DAILY

箱根

今、箱根駅伝を見てる。
なんかこの感動を書き留めておきたくて。

チーム たすき 走 応援 学生 監督 正月 家族 スポーツ

たくさんの人に感動とパワーを与えてるね。
復路8区の順大の選手には感動したな。
人に感動を与えるってやっぱすごい。

うちの親は看護士。人を助ける仕事。世のため、人のためになる仕事。

自分と親をよく比べてしまう。
私は自分のやりたいことを好きがままにやろうとしてるんじゃないか。
私は誰かを感動させたり、喜ばせたり、助けたりできるのだろうか。
必要とされるのか。

ただ「アート」っていうものに漠然とパワーと魅力を感じて、好きになって、離れられなくて、だけど今はその中でもがいてる感じ。


c0067748_040499.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2006-01-03 12:34 | DAILY

実家

地元に帰ってくると感じることが多い。不安定になりやすい。
実家に帰ると体調を壊すのはそのせいか。

悪いことばかりではないんだけど、毎回実家に帰ってくる度にいろいろ感じて、
自分を考え直す。
けど、つくばに戻るとすぐ忘れてる。
それで、広島に帰ってきてまたいろいろ感じて、結局成長していない自分がはがゆくなるの。
「次帰るときは作品を持って帰ろう」っていっつも思いながら、今回も結局持って帰ってないし。

なんかねなんかね、むずむずする・・・。

それと、今回はおじいちゃんおばあちゃんがちょっと元気なかったのが気になった。
特におじいちゃん。言葉も笑顔も少なかったな。
いっぱい声かけたつもりだけど、私達が帰って、またおじいちゃんおばあちゃん二人の生活に戻ったときさみしいと思うのかなと思うと、また辛かった。
[PR]
by mittiko_82 | 2006-01-02 09:57 | DAILY