コーン教始動しまーす!


by mittiko_82
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「インゴ・マウラー」

つくば美術館でやってる「インゴ・マウラー」展に行ってきた。

好きだな~。あーゆーの。

デザインとアートの両方の匂いがすごく感じられて、
しかも、知的な面と、お茶目な面と持ってて、
そういうところがすごくストライクな感じだった。

ただ展示を見るだけでも「この人すごいなぁ」っていうのが伝わってきた。

最近あまり手を使うものづくりをしてなくて、机に向かってることが多くて、
そんな、“頭でっかちデザイン専攻”みたいな自分がすごく嫌だ。

友達から言われた刺激的な言葉・・・
「トミーは行動力あるよ!けど、もっと動いた方がいい!!!」

c0067748_20562991.jpg

[PR]
by mittiko_82 | 2006-05-25 20:57 | 展覧会

否定

最近ね、「否定」って言葉がよく頭に浮かぶ。

なんか、ほんとにそのものが良いか、悪いかどうこうの前に、
「これは否定する」って決まってることってあると思う。

たとえば、清心の制服はダサイとか、
筑波大の校章はかっこ悪いとか、
小学生のお受験思考はどうなのか、とか。    イマイチ例がよくないな。

とにかく、本当にそれがどうなのかも深く考えないうちに、
それを否定することの軽々しさとか、
否定さざるを得ない空気とかがすごく不愉快に思える。


とか言いつつ、私自身世の中を否定的な目で見てるところが一部あるんだけどね。
どんな上から目線やねんって感じで。


でも、これまた最近よく考えるのは、
デザインってどんなものでも、絶対に好き嫌いがあるんだろうな~って。
みんながみんな好きなデザインってほとんどないと思う。当たり前か・・・。
別に、全員から評価されることがいいとも思わないんだけど、
「否定」されるのはちょっと私の精神力ではキツイなぁ・・・。 


と、こんなこと考えてるせいか、最近自分が暗いのよ・・・。
[PR]
by mittiko_82 | 2006-05-25 20:45 | DAILY

バスケと衣装

こないだ、バスケの試合を観に行った。

なんかスポーツ観戦がしたいこの頃だった。
パワフル感をもらいたかった。
実際、期待以上にパワフルだった。こわいくらい。

試合もおもしろかったんだけど、一番おもしろかったのは「衣装」。

なんで、バスケってあんなにダボダボなんだろう。
プレイヤー以外にもスタッフとかまでダボダボのポロシャツとか着てて、
なんかおもしろいなって思った。
それはきっと、ブラックカルチャーの関係が大きいんだろうな~。
マイケル・ジョーダンが出てくる前と後とではかなり違うんじゃないかなとか考えた。

スポーツの種目によって服装の美学が違うんだろうなって思うと、
なんかすごくおもしろい。

その人の私服にまで少なからず影響してるだろうし。
スポーツも文化なんだなと改めて思った。


あと、もうひとつ興味を持ったのが「応援」。
相手の大学には、マスコットがいて応援団と一緒に応援してた。
なんかちょっと俗っぽい感じで、個人的にはあまり好きじゃなかったけど、
相手のド派手っぷりに対して、筑波の地味っぷりがちょっと笑えた。

その話を、最近仲がいい体育の先生にすると、
「ハーフタイムとかにさ、芸専の子たちでパフォーマンスしたらどうかなぁ」て、
すごくノリノリで言ってた。
でも、おもしろそう。

大学のポリシーも何もないような応援は嫌いだけど、
体育と芸術がある筑波だからこその応援パフォーマンスができれば、
それはおもしろいと思った。

そして、観客はみんなコーンメガホンを持ってたりするの。

いいな~。
[PR]
by mittiko_82 | 2006-05-02 19:44 | DAILY

一対一

久しぶりな気がする~~。

最近何してるの?って聞かれたら・・・、何してるんだろう?
とりあえず豊かです。

こないだ、「みっちゃんて自分のことあまりしゃべらないよね~」って言われた。
うん。否定はしない。

だから、自分のことをどんどんしゃべれる人すごいなって思う。
自分は、一対一ならしゃべるんだけど、三人以上になるとしゃべらなくなる。

言葉で会話しないからかな。
なんか、感覚で共感しながらの会話が好きだから、言葉じゃ伝えられない感じが好きだから、いっぺんに何人にもしゃべることが下手なんだよね。
でも、逆に二人でしゃべるのは結構好き。


この土日で対照的な二つの世界を見た。
都会社会人の世界 と 真壁の石屋の世界。

実際の社会人の生の話を聞いたり、現場に行って石職に触れたりしたにしては、
正直、感じるものが少なかった自分がいる。
どっちもそこまで興味の姿勢を持てなかった。

そんな自分が残念な奴だと思った。
好き嫌いのはっきりした奴だと思った。

ただ、ひとつ思ったのは、アートをやってる人が近くにいる環境にずっといたいと思った。
同じ感覚で話ができる人が近くにいたらもっといいと思った。
[PR]
by mittiko_82 | 2006-05-01 21:11 | DAILY