コーン教始動しまーす!


by mittiko_82
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

熱い夏よ、来い。

今日は自分の中でちょっとだけ羽をのばしてもいい日。

バイト先で企画してたキャンドルナイトのイベントが無事終わった。
ワイン会と連夜だったから、準備にも時間を取られ、帰るのも連日遅かった。

私もそれなりに責任ある仕事をもらってるから、
プレッシャーという自己重圧感がここぞと発揮してた。

だから、無事に終わって、ほっと。ポっと。


だけどね、正直ここんとこ自分の事が十分にできてなかった。 
シェフに言わせれば、イベントのポスター制作なんか断れって言うけど、
そうはできないよね。
紙一枚でもあるのとないのとでは、会の雰囲気も参加者の気持ちの高揚も全然違うって、
そう思ってるから。
それに、企画する側において、
自分じゃなきゃって役目を何か作らないと楽しく臨めないタイプだからね。


とは言っても、制作に集中したくてこっちに帰ってきたのだから、
割り切るところは割り切って!

これから少しバイトを減らそうと思うんだ。



そう、実は個展ができることになりまして!!
あるギャラリーのオーナーさんと、そこのビルの社長さんに
自分の作品ファイルを見てもらってたんだけど、
OKがもらえたんだ。
7~9月の3ヶ月間も自由に使わせてもらいます。
詳細は決まり次第また。
[PR]
by mittiko_82 | 2008-06-23 02:36 | DAILY
夏至の日の午後8時〜10時、電気を消してみませんか?
という『100万人のキャンドルナイト』プロジェクト。
c0067748_1565462.gif


バイト先のお店でも企画することになった。
広島NHKの出山アナウンサーと、その奥さんで元NHKプロデューサーの方と一緒に。

奥さんがシェフと同級生という縁で。

こないだ、企画書を作ってきてたんだけど、
元プロデューサーあって、抑えるべきところはちゃんと抑えてて、
話し方も上手だし、久々に人そのものから刺激を受けた。

子ども3人連れて家族で来てたんだけど、
食事中もずっとその企画の話を熱く話し合ってて、
こんな夫婦楽しいやろうなぁ〜って思って見てた。


テーマは「星に願いを」。
願い事を書いた紙コップにキャンドルを入れて、その言葉を火に灯すの。

子どもたちが多く来るので、ミツロウ作りのワークショップなんかもしたりして。
ギターやハーモニカのミニライブもあったりして。
アナウンサーによる絵本の読み聞かせもあったりして。

そして、キャンドルの火種は、平和公園から持ってきたりして。

なかなか楽しそう。

私は、ポスター作ったり、キャンドルの演出を考えたり。

みなさんも、6月21日はキャンドリーな夜を。
c0067748_1442497.jpg

[PR]
by Mittiko_82 | 2008-06-13 01:57 | event

スローラブ。

先週の話ですが、私、熊木杏里さんと会いました。


ラジオ番組の収録で、広島に来るだろうということは耳に入っていたので、
その当日、いてもたってもいられず、
ラジオ局まで行っちゃった。

東京のフジテレビやテレビ朝日の感覚で、ビル内にくらい入れると思ってたんだけど、
全然入れそうな空気ではなく、
ただただ外で待ってた。

警備のおじさんに『敷地内はまずいんだよね〜』と言われたので、
玄関からは遠く離れたところから。


でも、そしたら本当に熊木杏里が出てきて、
すぐタクシーに乗って、
けど、今しかないと思った私は走って行ったの。
したら、窓を開けてくれて、
ちゃんと私の話聞いてくれた。

渡せるか分かんなかったけど、とりあえずカバンにつっこんできた
ちびコーンもあげた。

ライブとかの時とはちがい、これは1対1。

本当に嬉しかったのです。


だけど、好きな人の前にいる自分はあまり好きじゃないんだ。
ちっぽけに思えるから。

現に私は、動くことには動くけど、
小さいときには本当に小さいんだ。
電話もメールすらもできないんだ。
って、何の話だ。
[PR]
by Mittiko_82 | 2008-06-05 23:19 | DAILY

宮崎一成

昨日、バイト先のお店で宮崎一成という声優のライブパーティーがありました。

『はだしのゲン』のゲン役とか、『あずきちゃん』の勇之助くん役とか、アンパンマンや、カードキャプターさくら、ポケモンなどにも出演してるなど、結構な役者さん。
一成さん、実はうちのシェフと同級生で、広島に帰ってきた間、毎日のようにお店に来てた。

私も、役者の話、業界の話、芸の話、いろんな話をした。
昨日は一成さんの誕生日でもあり、来月から東京に戻るということで、
HAPPYさよならライブだった。


一部は、朗読『アラジンと魔法のランプ』
二部は、ジャズピアニストとのライブセッション。

滋賀県からファンが駆けつけるなど、お店はお客さんでいっぱい。
入りきらないくらい。

一成さんも含めて、演者の方たちがすごい頑張って準備してたの見てたし、
お店としても一緒にいいもの作ろうと思ってできることはやろうと思った。


結構盛り上がったし、演者たちも達成感が見られたから、よかったと思う。
ファンの方も満足してたし。

まぁ、こんなことはお店としても初めてのことだったし、
無事に楽しんでもらったからよかったんだけど、
でも、当然思うところもいっぱいあって・・・

私達スタッフ側もいっぱいいっぱいで、思うようにサービスもできなくて、
一成さんやジャズミュージシャンのいわゆる『芸』で食べてる人の仕事姿を見て、
私なりにいろんな感情があふれそうだった。


結局バイトが終わったのは朝の4時をまわってて、お客さんを送るついでに私もシェフに送ってもらった。
こういう時、シェフだけは私の気持ちに気付いてて、それに私も気付いてる。

いつも、洗い物してる私の後ろからパスタの乾麺投げてきたり、新聞を丸めた棒でいきなり剣道してきたり、人のプライベートにも言いたい放題だし、お互い「敵」だと思ってるけど(笑)、
それでも、こういうところがあるからシェフには付いていける。
[PR]
by mittiko_82 | 2008-06-02 02:59 | event